肥田舜太郎先生の遺志を継承する

肥田舜太郎先生は放射線の急性障害による凄惨な死と晩発性障害による沈痛な苦しみを数えきれない程、目の当たりにしてこられました。実相を伝え、全ての核兵器廃絶と原発を取り除く必要を訴え国内に留まることなく世界37ケ国147市町村を訪れ海外だけでも250回に及ぶ講演を行ってこられました。先生が「皆さんは原爆のキノコ雲の写真を目にしますが、そのキノコ雲の下で人間がどのように殺されていったかを知っている人は少ない」と謂われた言葉が思い浮かびます。
原爆炸裂20分後に於ける宇品より見たキノコ雲

広島、長崎における爆心地からの距離と被曝線量
線 量 の 爆 心 地 か ら の 距 離 依 存 性
------------------------------------------------------------------
       広島        長崎
------------------------------------------------------------------
爆心地    165Gy       350Gy
------------------------------------------------------------------
爆心地から  4.5Gy       8.7Gy
1km
------------------------------------------------------------------
Gy(グレイ): 放射線があたった物質や人体への被曝線量
Sv(シーベルト)=Q x Gy(グレイ) 10 Sv 以上の被曝はほとんど即死

放射線は人体にどう影響するのか
急性症状

放射線の線量と障害の関係(外部被曝)

DNAの結びつきを破壊する放射線のエネルギー DNAは「アデニン(A)」「チミン(T)」「グアニン(G)」「シトシン(C)」という四つの「塩基」から成り立つ鎖が2本絡み合ったものでその中に遺伝子情報が含まれています。      原発のウソ  小出裕章著から引用